GmailBrowser使ってマス

2007年11月23日

Webサービスは便利なので、つい使ってしまいがちです。
会社からでも家からでも同じデータにアクセスできるので、同期しなくていいし。
[es]でも使えるサービスがけっこうあるし。

ただ、みんなブラウザから使うというのに問題が。
Gmailを見ながらGoogleReaderでフィードを読み、気になったページをタブでどんどん開く…と、Firefoxがメモリ食う食う。
グリモンもアドオンもそんなに入れてないのにおかしいな。あるぇー?
さらにTwitterもクライアントを使わずにブラウザで見た日にはエラいことに!(クライアント使いましょう)

そんなこんなで、よく使うWebサービスはブラウザ以外の方法で利用できないかと考えたところ。

まずはGmail。これはGmailBrowserってのがありました。
新しいもの好きのダウンロードで見たんだけど、忘れてたんですよネー。ダメだなぁ、もう。

GmailBrowser

こちら、じぃめーるぶらうざさん。
フリーウェアでいらっしゃいます。

インストール手順は、インストーラを使わないパターンです。
開発者さんのサイトからダウンロードしてきて、ディスクイメージをマウント、GmailBrowserをアプリケーションフォルダにコピー。

あとはアプリ本体を立ち上げると、ブラウザから切り取られたようなGmailのログインページがでてくるので、各自のアカウントでログインしましょう。

このアプリは、WebKitをベースにして作られているので、Gmail専用のSafariと思えば、なるほど〜という感じです。

…ということは、Safari対応のサービスはGmail以外でも見られるわけで。
Googleカレンダーも見られます。
が、GoogleDocsはSafari非対応なのでダメー。

将来的に、GoogleDocsがSafari対応したら、GmailだけじゃなくてGoogleのOffice系サービスのブラウザとしての使い道も拓けますね。

そんなこんなでGmailはひとまず解決。