無印の万年筆

2007年8月13日

唐突ですが、無印良品の万年筆(アルミカートリッジ)を衝動買いしました。
万年筆自体は、数週間前から探していたのですが、いかんせん高いんです。高級品なんだな、全体的に。

コトの発端は、NHKの「美の壺」 で、万年筆が取り上げられていて、イイナァ〜と思ったから。
だから、初心者用でいいんですよね。蒔絵とかの高級品でなくても。

万年筆なんて、書道のペン字やって以来なので、もう10年近く使ってないです。

が、やっぱり書き味はボールペンよりイイですね。
普段は0.3mmのボールペンを愛用しているんですが、文字の「はらい」や「はね」のエッジの効いた感じは、どうしても出ないんです。

なんかのおまけとか、100円ボールペンでは、なんかきちゃない線しか出ないし。
サインペンのラインも割と好きなんですが、やっぱり全体的にもっちゃりした線、というか均一な線です。これがイイ場合もあるんですけど…。

万年筆は、ラインもさることながら、さぁ書くぞー、という気合いの入る感じがいいです。ここが一番、おすすめ。